一般歯科

むし歯治療

できるだけ痛みを抑えた麻酔

麻酔の注射が痛いから歯医者さんに行きたくないという方はたくさんいると思います。しかし、ひで歯科クリニックはできるだけ患者さんに痛みを感じさせないようにしています。

痛みが出る原因は2つあり、まずは注射針を刺す瞬間に「チクっ」とした痛みがあります。これは表面麻酔というジェルを塗ることで痛みを無くします。そして、麻酔液を注入する時にも圧力で「グググっ」という痛みを感じてしまいますので、電動麻酔器を使ってゆっくり一定の速度で麻酔液を流し込むことで痛みを解消しています。

ダイアグノデントを使った正確な診断

むし歯は、表面は小さい穴しか見えていなくても、中で広がっていることがあります。また、一見大きなむし歯に見えても、実は歯をたくさん削る必要はないという場合もあります。

従来はこれらの診断を歯科医師の経験則で判断していましたが、ひで歯科クリニックではダイアグノデントという客観的にむし歯の進行度合いを調べることができる機器を導入しています。これによって、むし歯の取り残しや、逆に過剰に歯を削ってしまうのを防ぐことができます。

可能な限り神経を残すことを目指す

むし歯がある程度進むと、歯の中にある神経を取らなければならなくなります。しかし、神経を取った歯は脆くなり、将来的に折れてしまう可能性が高まります。

そのため、安易に神経を抜いてしまうのではなく、可能な限り残すことを考えて治療します。

歯周病治療

歯周病とは

歯周病は、歯周病菌によって歯茎や骨が侵されていく病気で、最終的には顎の骨が溶けて歯が抜けてしまうことになります。「沈黙の病気」と言われており、無症状で進行していき、おかしいと思った時には歯を失う寸前にまでなっていることも珍しくありません。

そんなことにならないよう、普段から定期的な検診とクリーニングを受けておくようにしましょう。

歯周病の症状

歯を磨くと血が出る
ニオイが気になる
歯茎から膿が出ている
噛むと歯がグラグラするのを感じる
朝起きた時に口の中がベトベトする
歯茎が下がって、歯が長くなったように見える
食べ物が歯に挟まる

これらの症状がある方は、早めに歯周病の検査を受けるようにしましょう。

歯周病の治療

まずはスケーリング(歯石取り)をして、ご自宅で行うブラッシングの指導を行います。そして改善が見られない時は、歯と歯茎の間にある歯周ポケットの中まできれいにお掃除をして(SRP)、それでも改善しない時は歯茎を切って歯の根元を徹底的にきれいにする処置(歯周外科治療)を行うことになります。

悪化する前に治療を始めれば歯茎を切る必要はありませんので、普段から歯周病ケアを続けていくのがお勧めです。

歯周病治療はご自宅でのブラッシングも非常に重要で、患者さんとの二人三脚で進めていく必要があります。

レーザー治療

ひで歯科クリニックは、炭酸ガスレーザーを導入しています。
歯茎などの軟組織を安全かつ少ない侵襲で処置することができるため、歯周外科治療や被せ物を作る際にブヨブヨになって余っている歯茎を切除するために使用(レーザーを使用することで痛みはほとんどありません)します。

また、歯茎の殺菌をする時、腫れや痛みを緩和する時、口内炎を治療する時などに用いることもあります。

HIDE DENTAL CLINIC 名護市の歯医者なら ひで歯科クリニック メールでのお問い合わせはこちら 診療時間 ▲水曜日は13:00まで △土曜日は17:00まで 休診日:日曜・祝日 0980-52-1118HIDE DENTAL CLINIC 名護市の歯医者なら ひで歯科クリニック 0980-52-1118 診療時間 ▲水曜日は13:00まで △土曜日は17:00まで 休診日:日曜・祝日 初診WEB受付はこちら
  • 院長ブログ Director Blog院長ブログ Director Blog
  • スタッフブログ Staff Blogスタッフブログ Staff Blog
  • クリニック紹介 Clinicクリニック紹介 Clinic
  • 一般歯科 むしGeneral 歯などの総合的な治療
  • 予防歯科 Preventive 歯を守るために行うこと
  • 小児歯科 Child 子供たちの将来のために
  • 矯正歯科 Ortho 歯並びを矯正します
  • 欠損・修復治療 Repair 歯を失ってしまった方へ
  • 審美歯科 Esthetic 白く美しい歯にしませんか?
  • YES NO
  • 様々な事例を動画で見る
  • オンライン初診予約はかおこちら(9時~11時・14時~16時のみ)月・火・木・金曜日限定 ネツト予約
  • facebook
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC