スタッフブログ hidegram(ヒデグラム)

2019.01.16更新

8日目

 

今日は、歯科衛生士の視点から書いてみようと思います。

 

私達、歯科衛生士は日頃から、虫歯予防、歯周病予防等、“予防”を意識しながら患者さんのお口の中に携わっています。

なので、ワイヤー矯正に比べて虫歯、歯周病のリスクは低いと言われているマウスピース矯正ですが、やはりいつも以上の予防ケアは必要だと思います。

そこで、“細菌”をターゲットに決めて、歯磨剤、洗口液を選んで使ってみることにしました。

 

突然ですが、お口の中にはどの位の種類の細菌がいると思いますか?

ざっと300〜400種類と言われているそうです。

「そんなに!?」こう思ったのは、私だけじゃないでしょう!

健康なお口の中であればもちろん、悪さをしない常在菌の方が多いわけですが、虫歯や歯周病を進行させる菌は見過ごせないですね。

では、細菌はどのような形でお口の中に存在しているのでしょう。

1.バイオフィルム(歯面にくっついた細菌の塊で、膜のバリアを張った状態、排水口のヌメリみたいな状態と言うと分かりやすいでしょうか…)

2.浮遊性細菌(歯にくっついてない細菌)

こんな感じで存在します。

 

あ

バイオフィルムに浸透し、殺菌してくれる薬用成分は、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)です。

繰り返し使う事で、ジワジワとバイオフィルムを剥がしていきます。

この薬用成分は、歯磨剤として使っています。

あ

あ

浮遊性細菌に有効なのは、CPC(塩化セチルピリジニウム)

洗口液として、取り入れてました。

 

この2つの成分に共通する事は、“安全性の高さ”です。

CPCはガムや飴にも配合される程の成分です。

CPCと同じく浮遊性細菌に有効な、CHX(クロルヘキシジン)は、日本国内では効果の薄い、低い濃度でしか使用を禁止されています。(安全性が低いとゆう事でしょう。)着色もしやすいと言われています。

毎日使うものですから、体に害のないものを選択したいですよね。

 

今使っている歯磨剤や、洗口液の裏の成分表を見てみて下さいね!

歯磨剤や、洗口液などを購入する際に、「歯を白くする!」等の謳い文句だけじゃなく、裏の成分表で選択されると、よりご自分に合った物を購入できるのではないでしょうか!

 

他の有効な薬用成分については、またブログにしたいとおもいます。

 

ところで、まだ家族は、私が矯正していることに気付いてくれません。

そろそろカミングアウトしたい衝動に駆られています。(笑)

 

 iGOについて詳しく知りたい方は、ひで歯科までご連絡下さい!!

 

 

 

 

投稿者: ひで歯科クリニック

HIDE DENTAL CLINIC 名護市の歯医者なら ひで歯科クリニック メールでのお問い合わせはこちら 診療時間 ▲水曜日は13:00まで △土曜日は17:00まで 休診日:日曜・祝日 0980-52-1118HIDE DENTAL CLINIC 名護市の歯医者なら ひで歯科クリニック 0980-52-1118 診療時間 ▲水曜日は13:00まで △土曜日は17:00まで 休診日:日曜・祝日 初診WEB受付はこちら
  • 院長ブログ Director Blog院長ブログ Director Blog
  • スタッフブログ Staff Blogスタッフブログ Staff Blog
  • クリニック紹介 Clinicクリニック紹介 Clinic
  • 一般歯科 むしGeneral 歯などの総合的な治療
  • 予防歯科 Preventive 歯を守るために行うこと
  • 小児歯科 Child 子供たちの将来のために
  • 矯正歯科 Ortho 歯並びを矯正します
  • 欠損・修復治療 Repair 歯を失ってしまった方へ
  • 審美歯科 Esthetic 白く美しい歯にしませんか?
  • オンライン初診予約はかおこちら(9時~11時・14時~16時のみ)月・火・木・金曜日限定 ネツト予約
  • facebook
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC