Story of Dr.Hide ひで院長のきままなお話

2019.10.02更新

今日の午後から全体ミーティングでしたnico

まずは、食事しながら他医院の「インビザラインGOの取組み方法」についての動画を見ました。

画像

その後は全員で今のひで歯科クリニックの課題と問題点のミーティング。

ミーティングは先日の研修指導医の講習会でも行ったグループワーク形式でのブレーンストーミングとKJ法で行いましたpencil1personal computer

画像

ブレーンストーミングによって短時間で80個以上の意見・課題点の明示ができました。

そこからKJ法によって問題点のグループ化を行い、大きく9つのグループに分類しました。

画像

画像

今取り組むべきひで歯科クリニックの課題・問題点が今日のグループワークで全スタッフで共有できたと思います。

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.09.30更新

今日付けで歯科衛生士Nさんがひで歯科クリニックを退職しましたnamida

ご家庭の事情でしばらくは子育てと家事に専念するとのこと。

Nさんは約3年半ひで歯科クリニックで働いてくれました。

Nさんが来てくれた時期はちょうどスタッフが大幅に増え、ひで歯科クリニックの大きな転換期でもありました。

画像

途中、産休でお休みもありましたが職場復帰し今日までひで歯科クリニックで活躍してくれましたnico

一緒に東京へインビザラインGOのスタッフセミナーにも行きましたねnico

東京の夜桜の下、楽しく飲んだこともNさんとのいい思い出ですnote2

頑張り屋さんのNさんが駆け抜けたひで歯科3年半は家庭と仕事の両立でハードだったかと思います。

しばらくはゆっくり休みながら子育て頑張ってくださいihi

そして、またいつの日かひで歯科クリニックに戻ってくることを期待してますよnico

画像

お疲れ様でしたnico

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.09.28更新

画像

こちらのCT画像をご覧ください。

前歯が一本生え変わらないという主訴です。

右上中切歯(赤丸)が生まれつき方向が悪く埋伏している状態です。

CT画像で精査すると隣の側切歯にぶつかって自然には出てこれませんね。

これは矯正で牽引してくるしかないです。

残存乳歯を抜歯した後、抜いた穴の奥の方にちょっとだけ埋伏している中切歯が見えました。

丁寧にレーザーで止血した後、埋まっている中切歯に矯正装置をつけゴムで牽引してきます。

画像

このようにどうしても牽引が必要な場合もあります。

これも矯正治療の一つです。

 

 

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.09.25更新

当院のインプラント治療は数年前より私が最も信頼する先輩の竹田先生が担当しております。

竹田先生とは開業前に参加した東京でのインプラントセミナーでたまたま出会ったのがきっかけで、今では私に色々なことを教えて助けてくれる頼れる先輩です。

その竹田先生の師匠で東京天王洲で開業している小川勝久先生という著名な先生がいらっしゃいます。

小川先生は数多くの著書や論文を発表し、セミナーや講演会も開催するなど常に最新の歯科医療を追求しています。特にインプラント治療に関しては年間100症例以上の治療を行っております。

また、2012年より神奈川歯科大学客員教授も務めるなど臨床と後進の教育など幅広く活躍する大先生です。

そんな小川先生が先日当院でオペを行いました。

その日は午前中にインプラント埋入オペ、午後からは歯肉移植オペでした。

インプラントオペでは最終的な被せ物の位置なども考慮し技工士さんも立ち会いのもとオペを行いました。

画像

歯肉移植オペでは小川先生が普段使用している材料がない中でのオペでしたが、そこは先生の高度な技術でカバー。高度な手技に私達も本当に勉強になりました。

今後も小川勝久先生を当院のインプラントチームアドバイザーとして技術指導・症例相談・出張オペなどご協力頂ける事になりました。

ひで歯科クリニックにとってこれ以上ないアドバイザーがついてくれましたglitter

竹田先生との出会いといい、小川先生との出会いといい、私は本当に人に恵まれています笑う

 

そんな人に恵まれている私は小川先生にこう言われました

「金城先生の能力は”人たらし”なところだ」 と(笑) 

 

 

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.09.24更新

歯科医師になるには6年間の歯学部を卒業後に歯科医師国家試験にクリアしはれて歯科医師となれますgya

しかし、実際にはそれだけでは歯科医療に従事することができませんehe

その後、1年以上の臨床研修が必修となっています。

臨床研修を修了してやっと歯科医療に従事することが可能となりますglitter

その臨床研修を受け入れることができるのが研修指導医が在籍し、施設基準をクリアした歯科医院となります。

今回、その研修指導医になるための講習会に行ってきました。

場所は北海道!

私の母校北海道医療大学主催の講習会です。

同窓の先生だけでなく他大学の先生たちも多く参加していました。

たまたま1つ後輩で女医のM先生も一緒でしたので、休憩中は昔話で盛り上がりましたnote2

 画像

さて、講習の内容は1泊2日でホテル缶詰状態での朝から夜遅くまでのグループワーク討議。

正直、慣れない作業に悪戦苦闘しましたが、このグループワークで学んだ事は普段の医院運営にも応用できる思考法でとてもためになりました。

研修施設になることは後進の育成と共に医院の質の向上につながりますglitter

ひで歯科クリニックでは早くて再来年度からの研修医の受け入れが可能になるでしょうgya

 

 

 

 

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.09.05更新

昨日は午後から「月一勉強会」の日nico

今月のテーマは渡部先生による「マイクロスコープ」のお話。

画像

マイクロスコープとは顕微鏡の事で、それを使う事で20倍ほどの高倍率で超精密治療ができるようになりますglitter

渡部先生が今一番欲しくて、一番勉強したい分野ですgya

セミナーで習ってきたことを私含めスタッフにお話ししてくれました。

画像

いつもはシャイな渡部先生ですが、プレゼンではみんなを惹きつける軽快なトークで面白いプレゼンでしたnote2

小道具も用意しみんなを飽きさせないような工夫もされていて、先生の熱意を感じましたburn

画像

渡部先生は引き続き「マイクロスコープ」と「根管治療」に特化した勉強をしていきますnote2

すぐには難しいですが当院にもマイクロスコープが導入される日も近いかもしれませんねglitter

画像

現代の歯科三種の神器「CT」「CADCAMシステム」「マイクロスコープ」glitter

残すは「マイクロスコープ」だけですihi

渡部先生の今後の活躍に期待ですglitter

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.09.03更新

ありがとうございますihi

今日でカルテナンバー「4900」で〜すgya

地域のみなさん本当にありがとうございますnote2

最近では北部地域だけでなく、宜野座村・恩納村・読谷村・金武町・沖縄市・うるま市など中部からも患者さんが来るようになりましたgya

これは開業当初には全く予想していなかった事です。

まさかわざわざ沖縄市から来てくれるなんて・・・本当にありがとうございます笑う

期待に応えられるようにスタッフ一同身を引き締めて頑張りますnico

これからもひで歯科クリニックをよろしくお願い致しますihi

 画像

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.08.30更新

明日で8月も終わります。

8月が終わると夏も終わりだな~と感じますsun

先日、マウスピース矯正を始める患者さんがいて、日程的に10月から矯正開始になるのですが、先に費用を払いたいと申し出がありました。

当院では基本的に矯正開始時に費用をいただいています。

話を聞くと「増税前に支払いたい」という理由でした。

確かに!

忘れてました!

ずっと後の事だと思っていたのですが、あと1ヵ月ちょっとですねehe

自費診療では消費税がかかります。

当院の予約状況だと、これからあと一ヵ月で新規で自費治療を始めるには間に合わないかもしれませんehe

自費治療は決して安いものではありませんtooth

増税前になんとか・・・って気持ちもわかりますがしっかり説明を聞いて納得した上で始めることをおススメします。

治療法に納得したうえで始める意思があれば増税前の支払いについては別途ご相談くださいihi

画像

私も増税前に欲しいものをゲットしたいなgiftgya

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.08.17更新

根管治療(こんかんちりょう)とは歯の根っこの治療で、神経を取ったり、根っこの先に溜まった膿を出す治療の事ですtooth

日本の根管治療の再治療率は高く、欧米先進国と比べても際立って再治療が多いのが現状ですehe

これは日本人歯科医師が下手というわけではなく、日本の保険制度が大きく影響しています。

根管治療とは本来デリケートな治療で時間も集中力もかかるとても大変な治療なんです。

しかし、どういうわけか日本では根管治療の保険点数がかなり低く設定されており、世界基準の治療は日本の保険内では不可能な状況です。

根管治療の費用の違いを簡単にいうと、日本では数千円。医療先進国では数万円。

ひと桁違うんですよgan

また、先進国とは保険制度だけでなく歯科医業の現状も違います。

欧米先進国では専門医制度がしっかりしていて、歯科でも根管治療しかしない歯科医師、被せ物しかしない歯科医師、虫歯の治療しかしない歯科医師と分業化が進んでいます。

おのずとそれぞれの分野の治療レベルと費用が高くなる仕組みです。日本でいう〇〇専門医とはわけが違います!

そんな現状の中で渡部先生は今年から根管治療(こんかんちりょう)の勉強に力を入れていきます gya

技術向上のため根管治療の基礎からマイクロスコープを使用した応用治療まで学んでいく予定ですnico

渡辺先生が欲しいという本を買いそろえると、まあ〜、なんともマニアックな本のタイトルabon

画像

頑張って勉強していますnico

私は院長として勤務医の先生が興味のある分野を学べる環境にしてあげたいと思っています。

それが私にも刺激になり、またひで歯科クリニックの力になりますglitter

投稿者: ひで歯科クリニック

2019.08.10更新

ひで歯科クリニックは沖縄本島の北部・名護市伊差川という所にあります。
名護市の中心市街地より数キロ北へはずれた田舎にあります。
正直、人口密集地で立地に優れた場所とは言えません。
唯一、ひで歯科クリニックの立地でいいところは国道58号線沿いで駐車場やテナントが広いということです。

画像

画像
開業当初は名護市街からわざわざ北上して当院に来院される患者さんが来るたびに喜んでいたのを覚えています。
今では名護市全域を含む本島北部地区全域から多くの方が来院されるまでに成長しました。
本当にありがとうございます。

そんな、ひで歯科クリニックの診療圏にここ最近ある変化が起こっています。
国頭村・大宜味村・東村・今帰仁村・本部町・名護市の本島北部地区より南の中部地区から来院される患者さんが急に増えています。
宜野座村・金武町・恩納村、遠くは沖縄市・うるま市からも来院されます。
沖縄市は那覇に次ぐ沖縄県第二の都市。そして、うるま市は第三の都市で人口も歯科医院数も名護市の倍以上です。
そんな大きな都市からわざわざ名護でもさらに田舎に位置するひで歯科クリニックに来院されるなんて開業時には想像すらしていないことでした。
「1時間もかけて都会から田舎の歯医者にわざわざ来る理由はなんなんだ?」と疑問に思いつつ、そんな遠くからの患者さんとお話をしていると「ある来院動機」がわかりました。
それは・・・共通して「審美治療」を求めていることがことがわかりました。
審美治療とは主に「セラミック治療」と「矯正治療」です。
セレックやインビザラインGOなどのデジタル治療が特に気になっているようで、矯正もセラミック治療も含めトータルで一番自分にあった審美治療を提案してほしいという方がほとんどです。

遠い遠いひで歯科クリニックを選んでいただき感謝です。
ありがとうございます。
歯医者冥利に尽きると同時に身が引き締まる思いです。
スタッフ一同さらに研鑽を積んで精進してまいります!

ひで歯科クリニックの診療圏が沖縄本島の北部・中部まで広がりつつあります。

画像

投稿者: ひで歯科クリニック

前へ 前へ

entryの検索

カテゴリ

HIDE DENTAL CLINIC 名護市の歯医者なら ひで歯科クリニック メールでのお問い合わせはこちら 診療時間 ▲水曜日は13:00まで △土曜日は17:00まで 休診日:日曜・祝日 0980-52-1118HIDE DENTAL CLINIC 名護市の歯医者なら ひで歯科クリニック 0980-52-1118 診療時間 ▲水曜日は13:00まで △土曜日は17:00まで 休診日:日曜・祝日 初診WEB受付はこちら
  • 院長ブログ Director Blog院長ブログ Director Blog
  • スタッフブログ Staff Blogスタッフブログ Staff Blog
  • クリニック紹介 Clinicクリニック紹介 Clinic
  • 一般歯科 むしGeneral 歯などの総合的な治療
  • 予防治療 Preventive 歯を守るために行うこと
  • 小児歯科 Child 子供たちの将来のために
  • 矯正歯科 Ortho 歯並びを矯正します
  • 欠損・修復治療 Repair 歯を失ってしまった方へ
  • 審美治療 Esthetic 白く美しい歯にしませんか?
  • オンライン初診予約はかおこちら(9時~11時・14時~16時のみ)月・火・木・金曜日限定 ネツト予約
  • 審美専門サイト
  • facebook